2009年10月20日

山田脩二さんご来店

山田脩二瓦の皿

上記写真の瓦の皿を制作している、山田脩二さんが店を訪れて下さいました。

18日の午後2時近く、「昨日から東京に来ていて、今から行くから。」と電話があり、慌てる私。何故かと言うと、山田さんにお茶を出す訳にはいかないのです(山田さんをご存知の方々はここで大きく頷くはず)。お酒の支度をしなくては!しかし、お店も開けているし買い物にも行けない、あるものでなんとかせねば。何があったっけ。あいにく日本酒もワインもなく、唯一おすすめ出来る木内酒造の米焼酎「木内」が一本。肴は、竹内缶詰の牡蠣と、戴きもののわさび漬けに蓮と茗荷の自家製ピクルスぐらいしかありません。ありあわせで申し訳ありませんでしたが、これで呑んでいただきました。肴に関してはノーコメントでしたが…、米焼酎は「これ旨いね。」とご満足いただけた様です。

タグ:, , , ,

カテゴリー:作家さんのこと, 山田脩二さん, 店舗ニュース |  コメント (2) |  投稿者:兵藤 由香

コメント


板前

  大きく頷きました。以前来店していただいた時
たまたま店のボトル切れて、店も混雑して私も手が回らなくうちの母があろうことかサワー用の紙パック焼酎を出して、その後
 別の店で二人で飲んだとき、あれはひどかったと言われました・・・・今はそんなことが無いように、俺が指導徹底してますが。山田さんによろしくお伝えくださいませ・・・

2009年10月22日 @ 1:05 AM

板前さん、コメントありがとうございます。そんな事があったのですね。ちなみに、板前さんの店弥科では、お寿司と美味しい日本酒に巡り会えます。

2009年10月22日 @ 10:22 AM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/170/trackback