2013年6月23日

かけたうつわ

松村英治さんの織部カップを、お茶に、コーヒーに、焼酎ロックにと使っていました。
先日口がちょっとかけてしまった。
正確に言えば、欠いてしまったのだ。
が、気に入っているのでこうしてまた使っています。

中原中也の「月夜の浜辺」という詩がふっと思い出されます。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
月に向ってそれは抛(ほう)れず
浪に向ってそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾ったボタンは
指先に沁み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾ったボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?

タグ:

カテゴリー:花と花器 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/2060/trackback