2010年4月9日

ポンピン堂の桜柄ブックカバー

桜柄ブックカバー

桜柄ブックカバー後ろ

ブックカバー裏側

ポンピン堂のブックカバーに新柄が登場しました。
色は石竹(せきちく)色です。

ポンピン堂による柄の説明によれば、
日本で最も愛される花の一つ。「さくら」の語は、古くは「稲作を司る神様の座するところ」という意味を持ち、花が豊かに咲く様を見て、その年の豊作を祈願したとされる。生命力と成功の象徴ともされる。
と、あります。

関東ではピークを過ぎそうですが、これからはみちのくの桜が楽しみですね。

タグ:,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/209/trackback