2011年3月16日

未曽有の事態

先週11日の金曜日、ここ川口市もかなり揺れ、初めて揺れの恐怖を体感しました。幸い少しの落下破損のみで大したことはありません。各地からお見舞いのメールをいただき、心強いです。
12、13日は休業いたしましたが、18日(金)より、春の「くらしの道具」展再開します。

被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。一人ではありません、多くの人が想いを寄せ、応援支援をしたいと願っております。どうか穏やかな日々が一日も早く訪れますよう祈るばかりです。私たちが今できることを協力しあい、助け合いましょう。

海外の友人たちから、お見舞いのメールが届き、心癒されます。世界の人々が日本での事態に関心を寄せ、協力を惜しまないと言ってくれております。有難いです。
メールの一部を掲載します。

凄い地震があった皆も大丈夫ですか。頑張って皆!頑張って日本!
台湾より 余さん(以前近所に住んでいた留学生。)

日本のみなさんを想って祈っています。心の優しい国のみなさん、僕は日本に感謝しています。私たちの祈りが少しでもみなさんの悲しみで荒廃した心を癒せますように。神のご加護がありますように。
イタリアより Christopher Anjan Dasさん(92年にバングラデシュで一緒にワークキャンプをした仲間。)

私たちはあなたとあなたの国のみなさんの事をここで祈っています。悲しみをぬぐえるのにはかなりの時間がかかると知っています。日本の多くの地域の皆さんが気落ちしていると思いますが、私たちがともにいることと、心を寄せ皆様を想っている事を分かってください。
アメリカより Caryさん(90年、当時のカザフスタン、アルマアタ市で一緒に交流キャンプをした仲間。)

インターネット、人のネットから様々な情報が得られました。
今後、役にたちそうなサイトを紹介します。

グーグルがまとめたサイト

FMわぃわぃ
多文化・多言語コミュニティ放送局です。世界の10言語で神戸・長田から放送しています。

外国人に向けた多言語対応の地震発生時緊急マニュアル
東京外国語大学の学生が作成しました。

計画停電の時間が郵便番号を入力するだけで分かるサイト

タグ:,

カテゴリー:店舗ニュース, 雑記 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/253/trackback