2011年7月3日

「ゼロになるからだ」 覚和歌子著 徳間書店

久しぶりに詩集を読み、面白さを再発見しました。

著者は、映画「千と千尋の神隠し」主題歌「いつも何度でも」の作詞者です。

本書は「生きている不思議」、「ゼロになる身体」、「死んでゆく不思議」の三部構成です。第一部は、詩のスタイルでありますが、物語の広がりがあり、小説を読んだような感覚が新しかったです。

カテゴリー:本(詩集) |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/358/trackback