2011年10月16日

朋あり どら焼きとともに 遠方より来る

うつわ : 奥の麻衣子 栗のパン皿

友人のWさんが、浅草亀十のどら焼きを持って自転車でやってきました。
Wさんは世田谷区で野沢整骨院を開業していて、腰痛の時はお世話になっています。
玄関を開けたら、ゴーグルにヘルメット、自転車選手のような出で立ちの人が立っていて、一瞬びっくりしました。
「患者さんに美味しいって聞いたんだよね。」と手にはこの可愛らしい箱が。

浅草経由で川口まで自転車で走ってきたのです。「38kmくらいかな。」とさらっと言っておられましたが、秋だというのに残暑の中、遊びに来てくださるのは、嬉しいものです。

おもたせで失礼して皆でお茶タイム。
どーんと大きなどら焼きですが、皮はふわっとしていて、甘すぎず、ぺろりと一ついただけます。
Wさん、「暗くなるといやだから。」と食べ終わると風の様に帰ってゆかれました。

タグ:

カテゴリー:オススメ, 食べものとうつわ |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/532/trackback