2011年12月3日

お手入れ

左下 : スタジオKUKU 角皿、右下 : 會田竜也 小皿

先日は寒い雨の一日でしたので、家にこもり、気になっていた木のうつわたちのお手入れをすることにいたしました。

用いるものはその時々でいろいろです。
今までに使用したものは、ごま油、オリーブオイル、椿油。
今回は、メンテナンス用にと作家さんからいただいたクリーム状のものと、馬油、アーモンドオイルを使いました。
うつわにちょんちょんっと油を置き、素手で伸ばしてゆきます。
うつわも丁度メンテナンス時だったのか、スムーズに油が馴染んでゆきます。
あー、なんという心地よさでしょう。気持ちが落ち着きます。

木のうつわのお手入れについて、會田竜也さんはこのようにおっしゃっています(HPより抜粋)。

木は、素材になってからも呼吸を続けます。
木制品の取り扱いは、人肌のそれと似たところがあります。
もし、お取り扱いで迷った時は、ご自分の手のように考えていただくと、解りやすいかと思います。

カテゴリー:雑記 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/670/trackback