『入荷情報』 の記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 14

2014年6月15日

石川昌浩さんの面取り鉢

k-ishikawa2-IMGP8503
スペース的にも経済的にも、一器多用のうつわは嬉しいものです。

石川さんのこの面取り鉢は、フルーツ、ヨーグルト、アイスクリーム、サラダ、酢の物、ラタトュイユ、そうめん等々、夏に食べたいおおくのものとの相性がばっちりだと思います。

(小)径10cm、高さ6cm 2,160円
(中)径13.5cm、高さ6.5cm 2,700円
(大)径17cm、高さ6.5cm  3,780円

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2014年5月26日

studio prepa の paperweight

k-studioprepa-IMGP8487

今月からの展示は「初夏のうつわ」です。

ガラスのうつわを中心に、白いボウル、鉢、お皿、猪口、花器などを並べております。

写真は、studio prepa の paperweight。
径約7cm、高さ約3.5cm、2,160円です。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2014年5月10日

ポンピン堂の燕柄

ハンカチ:48cmx48cm、1,404円  ブックカバー:文庫サイズ、1,620円

ハンカチ:48cmx48cm、1,404円  ブックカバー:文庫サイズ、1,620円

爽やかな空気が心地よい季節になりました。

この時期、軒先をのぞけば子育て中の燕を以前はよく見かけたように記憶しています。
最近見ないなと思っておりましたら、減少が危惧されておりました。
日本野鳥の会のホームページに「消えゆくツバメをまもろうキャンペーン」という特設ページがあり、減少の原因として里山の自然や農耕地の減少、西洋風家屋の増加が考えられるとありました。また、原発事故による放射性物質がツバメに与える影響も心配されています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。 http://www.wbsj.org/nature/research/tsubame/

私たち人間が生きていくための多く犠牲…、それによって成り立っているこの生ってなんなのだろうか。

タグ:, , , ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2014年4月22日

ポンピン堂のブックカバーふみころも

新しく入荷しました柄を紹介します。
価格は1,575円から1,620円になりました。以前のパッケージのものは全て1,575円で販売します。常時数種類を扱っておりますが、在庫のないものは取り寄せますのでお問い合わせください。

日本の伝統的なデザインと色彩を、ブックカバーという小さな世界に表現しました。日本の伝統紋様の中から、遊び心のある柄を選び、昔ながらの職人による手捺染で一枚ずつ仕上げます。使い込む程デニムのようにアタリがついて手にしっくりと馴染みます。
サイズは標準的な文庫本用で、背側の差込調節で最大3cm強とかなり厚手の文庫本まで対応出来ます。そのまま贈り物としてお使いいただけるパッケージに包まれており、粋なギフトとしても好評の一品です。(ポンピン堂HPより引用)

k-ponpin_IGP0828
風音(かざね) 華朱色、薄浅葱色、若草色
風や波の動きを象徴化した柄。

k-ponpin_IGP0819
雲月(うづき) 勝色、錆青磁色
雲間にのぞく満月を愛らしく描いた柄です。

k-ponpin_IGP0837
新しく入荷したものからパッケージがこちらに変わりましたので、ご了承ください。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2014年3月30日

奥の麻衣子さんの漆のお箸

k-okuno-IMGP8415
赤x赤、黒x朱留、赤x赤白、長さ22.5cm 価格2,310円

材はマラス。マラスは、イイギリもしくはナンテンギリとも呼ばれるもので、産地はフィリピン、インドネシア、パプアニューギニアです。大木になり、高さが45m、直径が1mにも達するのだとか。重硬で強度と耐久性に優れていることから、日本ではパレット用に多く使われているそうですが、箸の材料としても最も多く取り入れられているそうです。

全体に蒔地(まきじ)をし、持ち手に漆塗りをしてあります。蒔地とは、直接漆を塗り、地の粉・砥粉などを蒔いて付着させてありますので、滑り止め効果にもなります。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2014年3月27日

石川昌浩さんのうつわが入荷しました

k-ishikawa_IGP0783
在庫のなかった無地コップ(小)、六角コップ(大)、網目コップ(中)、面取鉢(大)が入荷いたしました。

タグ:, , ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2013年12月12日

吉田麻子さんのマフラー

k-yoshida-IMGP8005

カシミアxウールマフラー 16,000円

カシミアxウールマフラー 16,000円

吉田さんの手によって糸が紡がれ、染められ、織られたマフラーです。

上は、赤く染めたカシミアとウールです。
下は、素敵な青に染められた石巻の羊の毛と、麻とアイスランドのウールの繊維を混ぜて紡いだ糸で織られています。このウールは麻に似た張りがあり、麻との馴染みがよいとうかがいました。

この青、なかなか巡りあえる色ではないと思いませんか。
混紡した糸の色と合う色を心に浮かべ、その色を出せるまで何度も試されて出せた色だそうです。思い描いた色を忠実に再現できるよう毎回努めているとおっしゃっていました。

k-yodshida-IMGP8010

ウールxウール+麻 20,000円

ウールxウール+麻 20,000円

お手入れやお洗濯が心配な方は、こちらをご覧ください。(吉田麻子さんのHPより転載)

 羊毛は、湿度を取り込み、また、放出する機能を持っています。それに併せて、水をはじいたり、汚れをつけさせない機能も持っていますので、毎回のお洗濯は必要ありません。お使いになりながら、長期しまうときや、そろそろ洗濯したいなと感じた頃に洗濯するのが、いちばんだと感じています。
 洗面器などに、製品がゆったり動くくらいの湯(ぬるま湯)を張り、規定量の中性洗剤を薄めます。製品をいれたらそのままゆったり10分くらい入れておき、手でやさしく上から数回押します。そしたら、同じ温度の湯で2回ほどすすぎ、脱水機で1分程度脱水してください。
 おすすめは、お風呂に入るときに一緒に連れていくことです。お風呂に入りながら、洗面器の羊毛製品をながめるのも楽しい時間です。

タグ:,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (1) |  投稿者:兵藤 由香

2013年12月11日

ポンピン堂の守袋 新柄「午・春駒」入荷のおしらせ

2,520円

ポンピン堂 守袋 縦12.5cm、横9.5cm 2,520円

さいたま市に工房があるポンピン堂は、慶応3年(1867年)創業の染屋「サラケイ」が提案する和雑貨・衣類のブランドです。

桐箱に収められた説明書きによれば、「守袋は、御守や護符を入れるために懐中に忍ばせていた小袋です。江戸町人の間では、各々が好みの縁起柄を袋に染め抜き、その粋を競ったという謂れがあります。」「午は生命力に溢れ力強く駆ける姿から、健康祈願・出世開運の象徴とされる。」とあります。

おくりものにいかがでしょうか。
現代では、小型のデジタルカメラ、印鑑、小銭、お数珠入れなどにもお使いいただいているようです。私はメモリーカードを入れています。

富士山、招き猫、打出の小槌、松、瓢箪など縁起のよい柄をそろえております。
色や柄に関しては、ポンピン堂のサイト→もご覧ください。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2013年12月9日

會田竜也さんのお茶筒が入荷しました

k-aida-IMGP8000
左からクルミ、ナラ、サクラ φ7cm、高さ12cm 9,975円

タグ:,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2013年12月8日

新たなご縁 

k-yoshida_satou-IMGP8026
「羊毛から糸づくり、織りまで自分でやっている友達がいるの」と友人が出会いをつないでくれました。それが吉田麻子さんです。そしてお持ちくださったマフラーの中に、吉田さんが紡いだ糸を使い京都で染と織をされている佐藤亜紀さんが織ったものがあり、この度おふた方と新たなご縁ができました。

吉田さんは長岡造形大学テキスタイルデザインコースで学ばれています。織をしたくて入学をされたのではないそうですが、2年生の時に初めて織り機で布を織ったときの体験が織の世界への扉を開けたようです。織るうちに、糸や繊維も信頼できるものを用いたいと思われるようになり、糸紡ぎを学ばれ、現在はご自身で羊毛を紡ぎ、ある時は染めもなさいます。

吉田さんと佐藤さんは大学の先輩後輩です。卒業から10年後、佐藤さんが吉田さんの糸を使ってみたいとおっしゃり、2012年の工房からの風に佐藤亜紀さんが出店された折、コラボマフラーがデビューしました。佐藤さんは、吉田さんの紡ぐ糸を「私にとっては糸の凹凸感が絶妙にここちよく大好きな糸です!本当にいつも楽しみに、使わせてもらっています。」とおっしゃっています。

そのお二人でつくられたマフラーがこちらです。

幅15cm、長さは約132~140cm 13,000円と14,000円

幅15cm、長さは約132~140cm 13,000円 一番奥は緯糸がカシミヤで14,000円

このマフラーについてうかがいました。
吉田麻子さん
佐藤さんがとても丁寧に織り、縮じゅうして下さっているおかげなのですが、絹の光沢と羊毛のマットな質感が、とても自然に馴染んでいて使いやすく、植物染めも羊の色に沿うように染めて下さり、光の深みがあると思います。気に入った質感を新しく生み出せたことは大きな喜びです。
佐藤亜紀さん
経糸に節の多い味のある絹糸を、緯糸には、吉田さんに紡いでもらったウール糸をつかいました。羊の毛のもつ力強さや個性を、そのままに生かせるように織り上げました。絹とウールが交わるならではの風合いを、使い込んで馴染んでいく変化と共に楽しんでいただけたらと思います。

経糸の絹は、たまねぎの皮、緑茶、樫の木などで染めてあります。この渋さ、男性も女性も素適におめしになれると思います。天然素材の植物染、手紡ぎ手織りの温かさと心地よさを実際にお手に取られ、首に巻いて体感してみてください。

素材を大事にしていることと、織りのおもしろさに夢中になっていることが私たちの共通している部分だとおもいます、とは吉田さんの言葉。お二人のサイトもご覧ください。

吉田麻子さんのHPはこちらです
佐藤亜紀さんのHPはこちらです

タグ:, ,

カテゴリー:作家さんのこと, 入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (1) |  投稿者:兵藤 由香

『入荷情報』 の記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 14