『未分類』 の記事

1 2

2017年7月23日

青と白のうつわ 竹山窯



愛媛県砥部町の竹山(ちくざん)窯の平皿です。
6寸は白磁と呉須まき、7寸と8寸は呉須まきが届きました。

砥部焼と言えば、絵付けのあるものが大半ですが、無地もなかなかよいのです。
磁器ですので、取扱いもしやすいです。

和にも洋にも使え、一器多用(一つの器を多種多様な用途に使う)のうつわです。
お刺身、サラダ、カットしたフルーツ(りんごやオレンジ)に重宝しております。
8寸皿はワンプレートランチやお酒のおつまみ盛合せにも!

6寸 径18㎝ 高さ3㎝ 1,490円
7寸 径21㎝ 高さ3.3㎝ 2,192円
8寸 径24㎝ 高さ3.5㎝ 2,916円

タグ:,

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年6月6日

ポンピン堂の守袋をお遣い物に


ポンピン堂の製品をお遣い物のお品としてお選びいただき、お客様に納めました。
たいへんありがたく、嬉しく存じます。

会津木綿の表地に縁起のよい柄が染め抜かれています。
江戸時代の頃は、お守りや護符を入れていた袋ですが、現代では貴重品や旅先でのジュエリー入れ、メモリーカード入れなどにいかがでしょうか。

熨斗上書きと名入れは私の名前でつくった例です。結びきりの熨斗もございます。

ポンピン堂製品を複数個お望みの場合、納品までお時間をいただく事になりますので、ご了承ください。
白い包装紙に熨斗がけのお包みは無料にて承ります。
記念品、御礼のお品等ご相談に応じます。お問い合わせ下さいませ。

タグ:,

カテゴリー:店舗ニュース, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年5月18日

石川昌浩さんのガラス

縞平杯

石川昌浩さんは倉敷芸術科学大のガラス工芸コースを卒業後、小谷真三氏に師事し、岡山県にて制作を続けられています。

用を求める仕事に美しさが備わり、それを人々に喜んでいただくことが世上の喜びであるという石川さん。

そのガラスには、師匠である小谷眞三先生が教訓にされていたという「健康で、無駄がなく、真面目で、いばらない」(倉敷民藝館初代館長外村吉之介さんの教え)、という流れを感じます。

タグ:,

カテゴリー:店舗ニュース, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年4月30日

あしなが育英会に寄付をいたしました

今年も3月・4月の売上より、あしなが育英会の東日本大震災・津波遺児への支援活動に、5,000円を寄付しました。

お買い上げくださりましたお客様、ありがとうございます。
受領証明書が届きましたら、改めてご報告いたします。

カテゴリー:店舗ニュース, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年4月27日

松村英治さんの角皿が届きました

在庫のなくなっておりました角皿が届きました。

約18.5cm 22cm 高さ4.5cm 4,860円

八寸皿はもう少しお時間がかかるようです。
ご希望がございましたらご予約承ります。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年4月16日

ポンピン堂の入荷案内と仕様変更

ポンピン堂の本縫い小座布団、合財袋、てぬぐいが入荷しました。


本縫い小座布団 富士山・千鳥 5,832円
てぬぐい 千鳥 1,404円、杉林 1,188円
合財袋 菖蒲・九曜・招き猫 3,672円


新しく届いたてぬぐい柄は「杉林」

型染ポーチの内側の生地が順次切り替わりますので、ご了承ください。
画像左の黒いものから画像右のベージュにかわります。

タグ:, , , ,

カテゴリー:未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年3月11日

休業のお知らせ

本日3月11日、12:30~17:00で営業の予定でしたが、店主体調不良により休業いたします。
誠に申し訳ございません。

カテゴリー:未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2017年1月27日

奥の麻衣子さんのこども箸


こども蒔地箸 長さ17.5㎝ 2,160円

こちらはこども用につくられたお箸です。
持ち手の水玉が可愛らしく、全体に蒔地がほどこされており、滑り止め効果があります。

蒔地とは、直接漆を塗った上に地の粉(下地の粉として使われているもので、粘土や火山灰などを焼いて粉にしたもの)・砥粉(粘土を焼いて粉にしたもの、砥石の粉末)を付着させたものです。


左 栃のこどもめし椀(黒)径10.8㎝ 高さ4.8㎝ 4,104円
右 欅こどもまる汁椀 径10.3㎝ 高さ6㎝ 4,104円

タグ:, , ,

カテゴリー:入荷情報, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2016年5月24日

5月28日(土)は川口一箱古本市へ!

k-hitohako2015
今年で4回目をむかえます。

東京の不忍ブックストリートの地域で始まった、一箱古本市。今は全国各地で開催されるようになってきました。

不忍ブックストリート一箱古本市の立ち上げの経緯などを南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)さんよりうかがった仲間が、「川口でもやりたいね~。」と川口一箱古本市実行委員会を立ち上げました。そこへ足を突っ込んだ私は、以来実行委員をしております。

不忍では、商店の店の一角や軒先をお借りして、出店者は本を持ち寄り販売していますが、川口での会場は川口神社境内です。

ちょうどこの時期は緑がきれいで木陰のそよ風が気持ち良いのです。カフェの出店もあり、一人で、二人で、お友達や家族と、楽しんでいただけると思います。

川口一箱古本市 のサイト http://khitohako.blogspot.jp

k-hitohako2016_omote
k-hitohako2016_ura

タグ:

カテゴリー:川口のネタ帳, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2015年12月6日

KAWAGUCHI ART FACTORY

k-KAF1212chirashi
長い間、川口の文化、アートシーンを牽引してきたKAFことKawaguchi Art Factoryが今年の年末でなくなります。

戦前の軍需工場、戦後の鋳物工場を経て、アーティストのアトリエや仕事場、撮影スタジオとして多くの人が利用してきた場であり、ここで展覧会を行なった国内外のアーティストも数多くいます。

このような貴重な場を提供し続けてくださったオーナーの金子良治さんには感謝の気持ちでいっぱいです。こういった地元の先輩方の下地があり、川口暮らふとや川口一箱古本市などのイベント開催に繋がってこられたのだと思っています。

KAFは建物としての姿は消えるけれども、またここから何かが生まれるはずです。

12月12日、KAFにゆかりのある面々がイベントを開催します。
ここにこんな歴史と建物があったんだと記憶していただき、楽しんでいただければ幸いです。遊びにいらしてください!

KAWAGUCHI ART FACTORY  http://www.art-kouba.com/

タグ:,

カテゴリー:川口のネタ帳, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

『未分類』 の記事

1 2