『奥の麻衣子』 タグの記事

1 2 3 4

2012年8月19日

8・9月の展示は、青と白


小皿 : 奥の麻衣子 径8x10cm h2cm 3,150円   
松枝紋煎茶碗 : 清水なお子 φ5cm h7cm 2,300円

今月と来月は、青と白の器、花器、布ものを並べております。
9月が近いというのに、日中はまだまだ暑い日が続きます、どうぞ涼みにいらしてください。

入荷待ちになっておりました写真の煎茶碗も並んでおります。

タグ:,

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2012年6月16日

奥の麻衣子さんのパン皿が入荷しております


材が手に入った時にという事で、ずっと待っておりましたお皿が届きました。

パン皿という名前がついておりますが、和菓子・洋菓子にもよし、おつまみの数点盛りなどにもむく、一器多用なうつわだと思います。

木は桜、拭き漆仕上げです。

桜のパン皿8寸 φ24cm h2.5cm 7,350円

タグ:,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2012年4月11日

奥の麻衣子さんのうつわ、再入荷と新入荷です

飯椀 : φ約13cm、h6cm 6,300円

長らく在庫がなくなっておりました、飯碗の再入荷です。
材は水目桜、黒、拭き漆仕上げのものです。

φ約10.7cm、h2cm 1,890円

新入荷の、槐(かい)の豆皿にもなる茶托で、オイル仕上げのものです。
名前は豆皿にもなる茶托ですが、茶托にもなる豆皿であってもよいと思います。
ご用途は皆様それぞれでよいのです。

タグ:

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2012年2月11日

奥の麻衣子さんの小物いれいろいろ

1・2月の展示「ぬくぬくほっと」で展示しているものを紹介します。

くり、黒い小筥(象嵌)、黒い小筥、べんがら小筥、全て5,250円

奥の麻衣子さんの小物いれは、眺めているだけでなんだか心が和んできます。
中に何も入れなくたって、佇んでいてくれればいい、とも思います。

写真のものの材はミズメザクラで拭き漆仕上げです。右上のものは象嵌がほどこされています。

私事で恐縮ですが、ほとんど身につけない結婚指輪は、左下の黒い小筥の中で眠っています。

箱と筥、奥のさんのお師匠さんの話では、丸いものには筥の字をあてるのだそうです。

タグ:

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2012年1月23日

奥の麻衣子さんの木のうつわ

1・2月の展示「ぬくぬくほっと」で展示しているものを紹介します。

奥:楓のナッツボウル φ11cm h3cm 1,785円
手前:豆皿(楓と桜) φ10cm h1.8cm 1,260円

奥の麻衣子さんの作品は拭漆仕上げのものがほとんどでしたが、昨年よりオイル仕上げのうつわもいろいろと入荷しております。


奥:桜のパン皿 φ21cm h2.5cm 5,250円
手前:桜のシリアルボール φ16.7cm h4cm 4,725円

是非店頭でお手にとってご覧いただきたいです!

タグ:

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2011年10月16日

朋あり どら焼きとともに 遠方より来る

うつわ : 奥の麻衣子 栗のパン皿

友人のWさんが、浅草亀十のどら焼きを持って自転車でやってきました。
Wさんは世田谷区で野沢整骨院を開業していて、腰痛の時はお世話になっています。
玄関を開けたら、ゴーグルにヘルメット、自転車選手のような出で立ちの人が立っていて、一瞬びっくりしました。
「患者さんに美味しいって聞いたんだよね。」と手にはこの可愛らしい箱が。

浅草経由で川口まで自転車で走ってきたのです。「38kmくらいかな。」とさらっと言っておられましたが、秋だというのに残暑の中、遊びに来てくださるのは、嬉しいものです。

おもたせで失礼して皆でお茶タイム。
どーんと大きなどら焼きですが、皮はふわっとしていて、甘すぎず、ぺろりと一ついただけます。
Wさん、「暗くなるといやだから。」と食べ終わると風の様に帰ってゆかれました。

タグ:

カテゴリー:オススメ, 食べものとうつわ |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2011年10月11日

奥の麻衣子さんのオイル仕上げのうつわが入荷しています


奥のさんの拭漆仕上げのうつわを多く見てきたので、オイル仕上げのものは新鮮に感じます。
左:桜のシリアルボウル φ16.7cm h4cm 4,725円
右:楓のナッツボウル φ11cm h3cm 1,785円

タグ:

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2011年5月7日

端午の節句

柏餅

桜八寸皿:奥の麻衣子

私事で恐縮ですが、昨年誕生した息子の初節句でした。
鎧兜に鍾馗さまや金太郎の人形、鯉のぼりもない我が家。
これといった料理でお祝いする訳でもなく、普通に過ごしました。

あまりに何もしないのも・・・と思い、柏餅をつくってみました。
餡は前日に作っておいて、5日は上新粉を練って蒸して皮をつくり、柏葉で包みます。
ここへきて疑問が生じました。柏葉は表裏どう巻くのか?です。

ネットで調べてみましたら、次のサイトを発見。なかなか面白いので、ご興味ある方はご覧になってみてください。
Azukiこぼれ話

タグ:,

カテゴリー:雑記, 食べものとうつわ |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2011年3月1日

春の「くらしの道具」展 その1

石川昌浩・覆輪鉢

石川昌浩:覆輪鉢

奥の麻衣子・momo

奥の麻衣子:momo-1、momo-2

石川昌浩・縞タンブラー

石川昌浩:縞タンブラー

坂田真由美・まえかけ

坂田真由美:まえかけ

奥の麻衣子・しずく

奥の麻衣子:しずく

和田麻美子・オブジェ

和田麻美子:オブジェ

銭本眞理・小さい壷

銭本眞理:小さい壷

ポンピン堂・手巾

ポンピン堂:手巾

齋藤まゆ・豆皿

齋藤まゆ:豆皿

タグ:, , , , , , , , ,

カテゴリー:入荷情報, 店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

2011年1月10日

奥の麻衣子さんのお茶筒が届きました

奥の麻衣子お茶筒

何とも言えない曲線が美しい、奥の麻衣子さんのお茶筒が届いております。
材はどれもミズメザクラで、拭き漆仕上げです。

煎茶を八分目まで入れて、大は100g、小は50g入ります。
価格は10,500円と8,400円です。

売切れておりました、茶筒の千筋(字のごとく、底以外の部分に細い筋が入っています。これは16世紀末に始まった石川県山中漆器にみられる加飾挽きの一つです。山中漆器は伝統的に木地のろくろ技術にすぐれているのが特徴です。)は、大の拭き漆(茶)に加え、小の拭き漆(黒)も揃いました。

詳細は後日「くらしの道具たち」ページの「奥の麻衣子」さん、「茶筒」のページに載せますので、ご覧ください。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

『奥の麻衣子』 タグの記事

1 2 3 4