2012年12月8日

年の瀬に思うこと


今年もあと数十日となりました。

昨年の東日本大震災とそれに続いた東京電力福島第一原発事故から、私は何を学んだのだろうか。これからの暮らしと人生において、何を選択し、何はいらないのか。
静かに考えたいと思います。

この時季、暮らしの手帖(49、12-1月号、冬2010-11)に掲載されていた松浦弥太郎さんの「編集者の手帖」が身に染入ります。

以下一部引用

今年最後の号になりました。みなさまお元気でしょうか。ふと一年を振り返りますと、世の中のせわしさはひとつも変わらず、おだやかで安心できる日は、まだまだ遠いと思うばかりです。大きなことは望まず、朝、目がさめたとき、気持ちがほがらかでいられればそれでいい。そうして、仕事や暮らしにおいて、夢中になれる何かひとつとしっかり向き合い、そこで得られたささやかな喜びを宝物にしていきたい。世の中の流れに、無関心や成り行きまかせになって流されないように、暮らしという楽しい日々を一歩一歩、自分らしく歩んでいきたい。『暮らしの手帖』は、そんな風に、みなさまと手を取って共に行ければと思うのです。

カテゴリー:雑記 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/1586/trackback