2009年10月18日

店と併設の建築設計事務所がリノベーションを行った例が雑誌に掲載されました

牛堀の古民家リノベーションの母屋外観

母屋外観

母屋居間

母屋居間

くらしの道具があるのは、川口市朝日の住宅街。建物は築26年の二階建住宅で、店は昨年改装した二階に兵藤善紀建築設計事務所と同居しています。

阪急コミュニケーションズ発行の「pen」11/1 No.255号の特集「リノベーションで理想の家づくり。」で、この建築設計事務所が設計・監理を行った、茨城県潮来市の古民家と土蔵のリノベーション例が掲載されました。戸建て編、集合住宅編の事例が紹介されており、建築やリフォームなどにご興味をお持ちの方はお楽しみいただけると思いますので、ご覧下さい。

タグ:, ,

カテゴリー:店舗ニュース |  コメント (2) |  投稿者:兵藤 由香

コメント


morimori

事務所がこんなに奥ゆかしい建物だったことに感動です。
中央の囲炉裏が本当に素敵。
今度、是非お邪魔したい。

2009年10月23日 @ 10:04 AM

morimoriさん、コメントありがとうございます。私の書き方が悪かったですね、ごめんなさい。写真は、弊店と同居の建築設計事務所が担当した古民家をリノベーションした例です。事務所と店の写真は、9/27と10/6にあります。ご覧戴くとなんとなくおわかりかと思いますが、普通の住宅の二階です。靴を脱いで上がっていただく事になります。友達の家にお茶飲みに行く感じでいらっしゃって下さい。

2009年10月23日 @ 8:42 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/169/trackback