2009年12月1日

ゆず三昧、写真三枚

薄田泣菫の随筆集『艸木虫魚』の「柚子」は次のように始まる。

柚の木の梢高く柚子の実のかかっているのを見るときほど、秋のわびしさをしみじみと身に感ずるものはない。豊熟した胸のふくらみを林檎に、軽い憂鬱を柿に、清明を梨に、素朴を栗に授けた秋は、最後に残されたわびしさと苦笑とを柚子に与えている。苦笑はつよい酸味となり、わびしさは高い香気となり、この二つのほかには何物をももっていない柚子の実は、まったく貧しい秋の私生児ながら、一風変わった秋の気質は、外のものよりもたっぷりと持ち伝えている。

日常の他愛のない物事をこのように観察し、広がりのある文章にしている随筆集は彼の『茶話』とならんで好きな本です。

先日、お客様からお庭になった柚子を沢山いただきました。これから柚子ジャムになる予定です。その前に記念写真。

松村英治さんの作品

うつわ:松村英治

山田脩二さんの作品

うつわ:山田脩二

studio prepa作品

うつわ:studio prepa

柚子の「苦笑」と「わびしさ」。

タグ:, , , , , ,

カテゴリー:食べものとうつわ |  コメント (2) |  投稿者:兵藤 由香

コメント


板前

 このまえ、某掲示板?でやりとりあった、ひろさんの
童話も柚子の木が舞台です。
 http://www.andersen-group.jp/mlhn/ml_lib18.htm
 つながるなー。
  この時期柚子の皮を芯に白菜の漬物を巻くのがうちの店の
定番のお新香。おためしあれ。

2009年12月4日 @ 11:39 PM

板前さん、コメントありがとうございます。ひろさんの童話、おもしろそうですね。柚子巻き白菜の漬物、ためしてみますね。これからもプロからのお料理アドバイス、お待ちしています!

2009年12月5日 @ 2:07 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/174/trackback