2013年4月14日

花言葉は誠実


冬の間ずっと楽しませてくれたビオラが、そろそろ終わりの時をむかえています。
どんどん切ってコップに挿しています。
グラスは、studio prepaと石川昌浩さんのものです。

タグ:,

カテゴリー:花と花器, 雑記 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/1914/trackback