2010年2月9日

「日本民藝館手帖」 監修・日本民藝館 ダイヤモンド社

ご存知東京駒場の日本民藝館の、収蔵品と本館、移築された西館(旧柳宗悦邸)のたてもの案内です。

これを買った本当の理由は、好きな李朝の壷もアイヌの衣装も抜いてしまった、新たなマイラブ、大津絵の阿弥陀仏をいつでも広げて見たいからでした。本当にやさし〜く、朗らかに包まれるんですよ、この阿弥陀様には。

タグ:

カテゴリー:本(工芸・うつわ) |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/196/trackback