2010年5月30日

「Casa BRUTUS 器と料理の大特集」 2010 vol.122 MAY マガジンハウス

「BRUTUS、またか。」と皮肉を言いたくなってしまいます…が、かく言う私も乗せられて、毎回買ってしまうのです…。個人的には、2008年3月号のほうが面白かったかなと思います。ですが、今回良かったのは「器なのか彫刻なのか。ウッドボウルの魅力。」のページです。数年前から木のうつわに惹かれています。陶磁器やガラス、漆器におされがちですが、オイルフィニッシュのうつわは、シンプルな美しさがあり、飾ってよし、使ってよし、だと感じています。

タグ:,

カテゴリー:本(工芸・うつわ) |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/225/trackback