2011年2月23日

土佐文旦ぜよ

文旦のと文旦マーマレード

木皿:會田竜也 満月皿

今年も文旦の季節!
毎年主人の母が高知県の果樹園さんへ頼んで送っていただいている。今年はちょっと出荷が遅れ気味との事でしたが、例年よりも大きめのどっしりとした黄色く愛おしい文旦さんがやって来ました。

嫁ぐまで、文旦といえば「ボンタン飴」しか食したことがありませんでしたが、この果実はさっぱりとして美味しいのです。

食べた後は、ジャムにして外皮までしっかりいただきます!私はジャムを作るような女ではなかったのですが、やってみれば、お砂糖を入れて煮込むだけですし、意外と簡単で美味しく作れるので、ズボラ系の方にもオススメです。根がモッタイナイ性の私は、美味しく経済的で、全部食べ切るエコ感も得られる為、せっせとジャム作りにいそしんでおります。

我が家のテキトーレシピですが、ご参考までに書いておきますね。
文旦マーマレードの作り方(1個あたり。写真の容器は2個分で出来上がった量です。)

  1. 外皮を洗い、できるだけ薄く(厚くて2mmくらい)スライスします。
  2. ボールに入れて一晩水にさらします。
  3. ざるに上げ、さっと洗ったものを鍋に入れます。
  4. ひたひたの水を入れ、柔らかくなるなるまでゆでます。
  5. 柔らかくなったら、グラニュー糖100g、上白糖100gを入れて煮つめます。
  6. 仕上げに、はちみつ大さじ1と最後にレモン汁を1/2個分入れて出来上がりです。

はちみつとレモン汁は、その時の苦味の様子や好みで加減してください。

タグ:, , , ,

カテゴリー:雑記, 食べものとうつわ |  コメント (2) |  投稿者:兵藤 由香

コメント


かより

私も文旦大好きです!
あのさわやかな甘味と酸味に、
サクサクとした食感。
いつも皮は捨てちゃってましたが、
マーマレード、それほど難しくなさそうですね。
試してみます!

2011年2月23日 @ 10:39 PM

かよりさん、コメントありがとうございます。マーマレード、煮詰めてもわりとさらさらとした仕上がりになると思います(私がそのあたりで切り上げているせいかも知れません)が、ヨーグルトやトーストにグーですので、お試しくださいませ。

2011年2月23日 @ 10:56 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/250/trackback