2011年2月28日

春の「くらしの道具」展 と kawaguchi 39 ART 2011

春のくらしの道具展

ブックカバー: ポンピン堂、汲み出し: マルガレーテンヘーエ工房、ガラス花器: 石川昌浩、陶器花器: 和田麻美子、木皿: スタジオ KUKU、ガラスのうつわ: studio prepa、指輪: 山田勝子、小物入れ: 奥の麻衣子

39ART(サンキューアート)をご存知でしょうか。
現代美術作家の開発好明氏が3月9日をアートの記念日にしようとはじめたアートプロジェクトで、”アートでサンキュー(自分にご褒美) “というキャッチフレーズのもと、全国や世界の会場で様々な催しが展開されています。2010年は157会場が参加しました。

ここ埼玉県川口市は、映画「キューポラのある街」で有名になった鋳物の街ですが、近年キューポラ(鉄の溶解炉)は減少しつつあり、高層住宅が台頭しています。人口とともに、画廊やギャラリー、アートカフェやレストラン、工房、ショップなどが増えてきております。それらの店主やアート好きの市民有志によって実行委員会が組まれ、kawaguchi 39ARTは運営されています。今年は7回目で、参加会場は市内47ヶ所です。それぞれが独自の展覧会やイベントなどを開催しています。詳しくはkawaguchi 39 ART公式HPをご覧下さい。

初参加の弊店は、春の「くらしの道具」展を3月の毎週金・土・日曜日に12時30分から17時30分で開きます。取り扱っている作家/工房の作品の中から、春らしいものを選び、展示・販売いたします。一点ものや普段は並んでいないものも登場します。いつもの店内とちょっと違う雰囲気になりますので、春のお散歩がてらお立ち寄りくださいませ。

39artロゴ

タグ:, ,

カテゴリー:店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/251/trackback