2014年4月17日

ちいさな集まりvol.2「羊の毛を紡いで織るコースター」その2を終えて

2月の前回は、吉田麻子さんをお迎えし、羊毛の原毛を洗うところから紡ぐまでの工程を体験しました。(その時の様子はこちら→をご覧ください。)
今回は紡いだ糸を使ってコースターをつくりました。

手軽に家でもできるようにと吉田さんがダンボール織り機を作ってくださいました。
先ずは縦糸をかけます。そして横糸。
k-vol2_20140329_IGP0798k-vol2_20140329_IGP0800
k-vol2_20140329_IGP0803
初心者でも横糸を使い分けることで好みのものをつくることができます。
自分たちで紡いだ糸もあるのですが・・・、吉田さんの糸(画像中央)が素敵なのでどうしてもこちらの糸を使いたくなります。
手織りしながら楽しくおしゃべり。みなさん順調に織りあがりました。
次は縮絨(しゅくじゅう)、フェルト化させます。
k-vol2_20140329_IGP0806k-vol2_20140329_IGP0810
織りあがったものに弱アルカリ性洗剤を溶いたお湯を含ませ、ビニールの上から表面をこすります。約10分ほど続け、次は手ぬぐいでロール上にくるみ、縦横にころがします。こうすることで糸同士がからみあい、離れなくなるのです。
羊毛の性質「羊毛やその他の獣毛繊維は、水やセッケン液などを含ませたり、熱、圧力、振動などを加えると繊維が互いに密にからみ合い離れなくなる」を利用しての方法です。

みなさんの仕上がったコースターそれぞれ。

みなさんの仕上がったコースターそれぞれ。

タグ:,

カテゴリー:ちいさな集まり, 未分類 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/3124/trackback