2016年2月4日

「内木孝一の一生使える器選び」 内木孝一著 講談社

表参道にあるうつわのみせ「大文字」のご店主による器選びの指南書です。

1982年の開店以来、「ふだん使いの良質な器をふさわしい価格で提供すること」にこだわっておられます。

お店のサイトには

ふだん使いとしてぜひお勧めしたい器を、ブランドや作家名に頼ることなく、「大文字の眼」でセレクトして提供しております。

とあり、見習わせていただきたく、精進しなければと思います。

器の選び方、買い方のアドバイスのみならず、使い方、お手入れの仕方、盛り付けのポイントなど、ためになる内容も多く興味深いです。

氏が本書でも書いておられますが、一器多用(一つの器を多種多様な用途に使う)できるうつわは大切なポイントだと思います。収納スペースのこともありますし、沢山のものを持ちたくないと考える方も増えてきていると思うのです。一つのボウルでサラダも、フルーツも、時にはスープなどにも使えたらよいお買い物をしたなと思えそうですよね。

大文字のホームページ http://www.daimonji.biz/

タグ:,

カテゴリー:本(工芸・うつわ) |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/4249/trackback