2016年2月11日

ポンピン堂の守袋「申」柄が入荷しています

サイトでの紹介が遅くなってしまい申し訳ありません。
ポンピン堂の守袋「申」柄のデザインです。

©ポンピン堂

©ポンピン堂

左:括り猿(くくりさる) 
申をシンプルに描いた文様。欲をおさえ、心の平静を願う意味がこめられる。古くから「願いを込めて欲を一つ我慢すれば、一つ願いがかなう」と伝えられ、厄除祈願、心願成就を表す文様。

右:三番叟(さんばそう)
申を愛らしく描いた文様。申は「鬼が去る」の語呂掛けから、厄除祈願、開運招福の意が込められる。柄に描かれた烏帽子を被った猿は伝統芸能の踊り三番叟を表しており、五穀豊穣・子孫繁栄への願いを象徴する。

タグ:, ,

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/4276/trackback