2011年9月10日

「毎日のうつわ」 遠藤文香著 日本文芸社

フードスタイリストとして活躍されている著者が、気軽に使える2,000円~5,000円台のうつわを選び、スタイリングされています。使い回しのできる基本のうつわを、和食、洋食、中華・韓国料理、エスニック料理仕様にコーディネイトしてしまう技は、さすがだと思います。

毎日使う食器はやはり使い回しが多くできると、スペースにもお財布にも嬉しいですよね。

発売が今年2月と新しく、巻末のショップリストには大御所実店舗の他、比較的新しいお店やwebショップも載っているので、お好きなうつわを見つけるのに役に立ちそうですよ。

80頁に掲載されている石川昌浩さんのガラス花器は、弊店でも取り扱っております。宣伝まで。

カテゴリー:本(工芸・うつわ) |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/489/trackback