2018年2月19日

yumizu 坂田真由美 20周年のまえかけ展


一口に20年と申しますが、生まれた赤ん坊が成人するまでの時の流れです。
子育てをしながら製作を続け、全国のギャラリーで展示会を開催されてこられた坂田さんに感服します。

オリジナルまえかけの他、ショール、ハギレを用いたカバンやお箸袋が並んでいます。
ちいさな布も無駄にしないようにハギレ商品をいつも考えておられるそうです。

素材は天然繊維の麻、綿、ウール、カシミアなど。
上質なイタリア製カシミアのショールはふわっと軽く温かく、手ざわりが心地よいです。
実際に手や肌に触れるものの触感ってとても大事だと思います。

今回の展示も、色、種類、素材がいろいろとあります。
色の取り合わせが素敵で、毎回楽しませていただいています。

製品に留められているタグにある言葉

20年前からまえかけを作りつづけています。
美しいまえかけをめざしつつも
毎日使うものだから、あくまでも機能的であること。
それはわたしの基本姿勢です。

神楽坂フラスコでの展示は本日17時迄です。
ご都合のつかなかった皆様、20周年を機にオープンした坂田さんのアトリエ/ギャラリーへお出かけください。

yumizu 坂田真由美
〒561-0862 大阪府豊中市西泉丘1丁目3-7 メロディハイム1階
https://www.yumizu.net

若干ですが、弊店にも坂田さんのラオス布を使ったまえかけ(ロング丈・ひざ丈)、近江麻のサロン、真田紐を用いたまえかけ(ロング丈)があります。
どれもカッコよく、おすすめです!

タグ:, ,

カテゴリー:作家さんのこと, 見る観る |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/5517/trackback