2012年3月5日

石川昌浩さんのうつわ

3・4月の展示「花を」で展示しているものを紹介します。

巻付胴丸瓶(中)7,560円、丸壺(中)3,150円、丸壺(小)1,890円

 命が吹き込まれ一瞬で形となる素直な生きたガラス。
硝子は本来日用の器となることが正系の使命で在った事から、今も息を正して焦らず躊躇わず数多くの用器作りに励んでいます。用を求める仕事に美しさが備わり、それを人々に喜んでいただくことが世上の喜びです。
 どうか慈しんで御つかい下さいますようお願い致します。              
石川硝子工藝舎 石川昌浩

タグ:,

カテゴリー:店舗ニュース |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/971/trackback