2011年11月1日

viva soba

新そばの候、そば猪口はいかがですか。

清水なお子 ぶどう文


清水なお子 竹文


奥の麻衣子 材はミズメザクラ、外/拭漆、中/蒔地仕上げ

街を歩くと「新そば」の文字を目にする季節ですね。
そば好きなので、この時期はちょっとうずうずしてきます。
独身の頃「viva soba会」を女性3名で結成し、ちょいと呑んでからシメにお蕎麦をいただくという、都内のお蕎麦屋さん巡りをしておりました。会員だった皆さんも今はそれぞれ子育て中で、お蕎麦屋さんで呑むという乙な事からは遠ざかっております・・・。

カテゴリー:入荷情報 |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/578/trackback