2011年11月14日

「スージー・クーパー ロマンス」 飯塚恭子著 フェリッシモ

図書館でぶらぶらとしていたら、「スージー・クーパーのロマンティックスタイル」(マーブルトロン)という本が目に入りました。表紙には愛らしいバラが描かれたカップ&ソーサーが三客並んでいます。いつかどこかで目にしている絵柄、それまで作者がスージー・クーパーという女性だとは知りませんでした。彼女についてもう少し知りたいと思ったので、この本を読みました。

スージー・クーパーは1902年の英国生まれで、陶磁器のデザイナーであり、自身が設立した製陶会社の経営者でもありました。

本書の副題は「ロイヤル・デザイナーの軌跡」とあり、モチーフやパターンについて、どのようにして彼女のデザインが世界に広がっていったのか、スージーの一生とロイヤルファミリーとの関係などがわかります。

著者自身がスージー・クーパーのコレクターというだけあって、熱い思いが伝わってきました。

カテゴリー:本(工芸・うつわ) |  コメント (0) |  投稿者:兵藤 由香

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.kurashinodogu.jp/kawaraban/archives/614/trackback